約款
ホテル利用約款
(適用範囲)  
第1条 当ホテルが利用客との間で締結する宿泊契約及び婚礼・宴会等の利用については、この約款の定めるところによるものとし、 定めのない事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとします。
2 当ホテルが、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定にかかわらず、その特約は優先するものとします。
(当ホテルの責任)  
第2条 当ホテルは、利用契約の履行にあたり、又はそれらの不履行により利用客に損害を与えたときは、その損害を賠償します。ただし、それが当ホテルの責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。
(利用規則の遵守)  
第3条 利用客は当ホテル内においては、当ホテルが定める利用規則に従っていただきます。
(営業時間)  
第4条 当ホテルの主な施設の営業時間は次のとおりとし、その他の施設の詳しい営業時間は備え付けのパンフレット、各所の表示、客室内のサービスディレクトリーなどでご案内いたします。
  (1)フロント・キャッシャー等サービス時間
 
 イ 門限(ロビー階正面玄関) なし
 ロ フロント 24時間
 ハ キャッシャー 24時間
  (2)飲食等(施設)サービス時間
 
 イ レストラン セリア<1階> 朝食 7:00~10:00
    昼食 11:00~15:00 Close 15:00~17:30
    夕食 17:30~21:00 (20:30オーダーストップ)
  (3)附帯施設サービス時間
 
 イ ブライダルサロン<1階>毎週火曜日、第2・第4水曜日定休(祝日を除く) 10:00~19:00
 ロ 美容室<3階>(不定休《完全予約制》) 事前にホテルにご確認ください 10:00~19:00
 ハ 写真室<3階>(不定休) 事前にホテルにご確認ください 10:00~17:00
 ニ 衣裳室<3階>毎週火曜日、第2・第4水曜日定休(祝日を除く) 10:00~19:00
2 前項の時間は、必要やむを得ない場合には臨時に変更することがあります。その場合には、適当な方法をもってお知らせします。
(施設利用の拒否)  
第5条 当ホテルは、次に掲げる場合において、施設利用に応じないことがあります。
  (1)施設を利用しようとする者が、この約款によらないとき
  (2) 満室(員)により施設の余裕がないとき。
  (3) 利用しようとする者が、法令の規定、公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をする恐れがあると認められるとき。
  (4) 利用しようとする者が、次のイからハに該当すると認められるとき。
 
暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)、同条第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)、暴力団準構成員又は暴力団関係者その他の反社会的勢力
暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき
法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの
  (5) 利用しようとする者が、他の利用客に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。
  (6) 利用しようとする者が、伝染病者であると明らかに認められるとき。
  (7) 施設側に対して暴力的要求行為が行われ、又は合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
  (8) 天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により利用させることができないとき。
  (9) 利用しようとする者が、泥酔等により他の利用客に著しく迷惑を及ぼすおそれのあるとき。[福岡県旅館業法施行条例(以下「施行条例」という。)第17条第1号](昭和35年福岡県条例第31号)
(寄託物等の取扱い)  
第6条 利用客がホテルにお預けになった物品又は現金並びに貴重品について、減失、毀損などの損害が生じたときは、それが不可抗力である場合を除き、当ホテルは、その損害を賠償します。ただし、現金及び貴重品については、当ホテルがその種類及び価額の明告を求めた場合で、利用客がそれを行わなかったときは、当ホテルは15万円を限度としてその損害を賠償します。
2 客が、当ホテル内にお持ち込みになった物品又は現金並びに貴重品であってホテルにお預けにならなかったものについて、当ホテルの故意又は過失により減失、毀損などの障害が生じた場合以外は、当ホテルは賠償いたしかねます。ただし、利用客からあらかじめ種類及び価額の明告のなかったものについては、15万円を限度として当ホテルはその損害を賠償します。
2 利用客の手荷物又は携帯品が当ホテルに置き忘れられていた場合において、その所有者が判明した時は、当ホテルは当該所有者に連絡をするとともにその明示を求めるものとします。ただし、所有者の指示がない場合、又は所有者が判明しないときは、発見日を含めて7日間保管し、その後最寄の警察署に届けます。
(駐車場の責任)  
第7条 利用客が当ホテルの駐車場をご利用になる場合、車両のキーの寄託の如何にかかわらず、当ホテルは場所をお貸しするものであって、車両の管理責任まで負うものではありません。ただし、駐車場の管理にあたり、当ホテルの故意又は過失によって損害を与えたときは、その賠償の責めに応じます。
(利用客の責任)  
第8条 利用客の故意又は過失により当ホテルが損害を被ったときは、当該利用客は当ホテルに対し、その損害を賠償していただきます。
(個人情報の取扱い)  
第9条 当ホテルでは、お客様から提供される個人情報について、当ホテルのプライバシーポリシーに則り、適切に取扱います。
ホテル利用約款
(宴会・会議等の申込み)
第1条 当ホテルに宴会(会議)等のお申込みをされる方は、次の事項を当ホテルにお申出いただきます。
  (1) 宴会(会議)名及び宴会(会議)人数
  (2) 利用日及び利用時間
  (3) 担当者のお名前と連絡先
  (4) 料理・飲物・必要備品等
(宴会(会議)時間と追加室料)
第2条 宴会場の利用時間は、予めホテルとお客様との間で取り決めた時間とします。
この利用時間を超過した場合は追加室料を申し受けます。但し、他のご予約との関係で時間の延長に応じかねる場合もあります。
(有料人数の確認)  
第3条 料理等をご用意する人数(有料人数)の最終確定数は、開催日の2日前までにホテル担当係にご連絡ください。
その後の変更については、人数が減少した場合でも有料人数分の料金を請求をさせていただきます。
(お支払い)  
第4条 宴会(会議)等の費用については、現金又は当ホテルが認めた旅行小切手、宿泊券、クレジットカードなど、これに代わり得る方法により、 利用後にお支払いいただきます。売掛契約の企業、団体等については、利用日から30日以内に精算させていただきます。
(当ホテルの責任)  
第5条 当ホテルは、宴会(会議)等の契約の履行にあたり、又はそれらの不履行により利用客に損害を与えたときは、その損害を賠償します。
ただし、それが当ホテルの責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。
(損害賠償)  
第6条 お客様又はお客様が直接依頼された外部委託の方々が、ホテルの施設・什器備品等に損傷その他の損害を生じさせた場合、当ホテルの選択に従い損害賠償をご負担いただきます。
(利用の拒否及び契約解除権)
第7条 当ホテルは次に掲げる場合においては、宴会(会議)利用を拒否又は契約を解除することがあります。
  (1) 宴会(会議)で利用しようとする者又は出席者が、法令の規定、公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をする恐れがあると認められるとき。
  (2) 宴会(会議)で利用しようとする者又は出席者が、次のイからハに該当すると認められるとき。
 
暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)、同条第 2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)、暴力団準構成員又は暴力団関係者その他の反社会的勢力
暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき
法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの
  (3) 宴会(会議)で利用しようとする者が、他の利用客に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。
  (4) 宴会(会議)で利用しようとする者が、伝染病者であると明らかに認められるとき。
  (5) 宴会(会議)利用に関し暴力的要求行為が行われ、又は合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
  (6) 天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により利用ができないとき。
  (7) 宴会(会議)で利用する者が、泥酔等により他の利用客に著しく迷惑を及ぼすおそれのあるとき。[福岡県旅館業法施行条例(以下「施行条例」という。)第17条第1号](昭和35年福岡県条例第31号)